どうしても借金が払えないなら相談して下さい。山梨県の主婦がパチンコの借金払えず返済金減らした方法

山梨県の主婦がパチンコの借金払えず返済金減らした方法

ギャンブルから借金が出来てしまい支払いが不可能でした

 
山梨県の専業主婦が借金をなくした方法とは?

 

19歳の時に、友人と初めてパチンコに行きました。
その時は、小額のお金で打ったところ、意外と出てしまい
そこからハマってしまいました。
20代になって結婚をし、専業主婦となり時間と暇ができ
お金があると自然にパチンコ屋に出向いていました。
その時は大勝ちしてしまい、気分が爽快になったことを覚えています。
ストレス発散のため毎日行くようになりました。
はじめのころは勝ち続けていましたが、そのうちに負けるようになり
給料の全てを突っ込んでいました。
負けることがストレスとなり発散するためにまたパチンコ。
きりがなかったです。
とうとうサラ金に手を出すようになり、どうしようもなかったです。
その時は借金をしてまでも勝ちたくてパチンコへ行っていて
気がつくととてつもない金額になっていました。
後に返すのがえらくなり借金があることが夫にもばれてしまいました。
だけどもやめられなくて私はパチンコ依存症になっていました。

夫にばれたことにより、お金が自由にならなくなってしまったので
友人、親からお金を貸してもらい懲りずに行っていました。
でも、負け続けさらに借金が増えることになってしまい、
とうとう生活もできなくなり夫の親にお願いして全ての借金の返済をしてもらい解決しました。
だけどやはりパチンコ依存症となってた私は又同じ繰り返しをしてしまい
遂に高金利の闇金にまで手を染めてしまいきつい取り立てが始まりました。
二度目の借金生活に夫には愛想を尽かされ遂に離婚。おまけに闇金からは風俗で働くように追い込まれ遂に自己破産して闇金の取り立てもストップ
してもらうように専門家に相談しました。

 

こちらで相談して借金なくしました

 

現在は生活保護とわずかな慰謝料で
生活してます。貧困生活ですが借金の取り立てがないだけでもましですね。今思えば
なんでパチンコなんかにお金をつぎ込んでしまったのか?
あの時は本当にダメな私でした。
もうあんな思いは二度とをしたくないので
今では違う趣味を見つけて落ち付いています。
これが私の人生の大失敗の体験談です。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ